ブラジルのお隣り、アルゼンチン債に群がる流動性バブル

昨日で、2017年の上半期が終了しました。時の流れが速いのか遅いのか? 個人的にはビミョーな感じです。(困)

で、ブラジル・マーケットですが、株式市場のボベスパ指数は、62,899.97で今週の取引を終了。

2016年、末日の終値は60227.29でしたので、約2500程度上昇したってことになります。率にして4%UPぐらいかな。

でも、ブラ尻がホールドしている株(主に資源関連)は、全然ダメだったんですよねぇ。(大泣)


通貨のブラジルレアルは、1USD≒3.3058BRL。日本円に対しては、1BRL≒33.98JPYで今週の取引を終了。

こちらは、レアル安+円高のダブルショックで、1レアル約2円ほど2017上半期の6ヶ月で下落しちゃってます。

高金利がついてるから、たぶんトントンレベルだと思うけど、これじゃぁ困るんだよなぁ。なんせ昨年まで爆下げモードが続いてましたから・・・。(号泣)


まぁ、終わってしまったことは仕方ない。切り替えましょう!  ←得意の現実逃避 (恥)

2017年下半期は、爆上げモード全開を期待しましょう。頼んだよ、ブラジルくん!


さて、お話はブラジルのお隣の国、サッカーでも最大のライバル、アルゼンチン発で驚きのニュースが・・・。「JBpress」より↓

アルゼンチン100年債に見る投資バブルの兆し
5月第3週にアルゼンチンが利回り8%で27.5億ドルもの100年債を発行して市場を驚愕させた。何しろ、アルゼンチンは過去100年に5回もデフォルト(債務不履行)を起している破綻国家の代名詞のような国だ。さぞかし100年債の販売は困難だろうと思いきや、販売は好調で見事に杞憂に終わった。(中略)・・・
世界の投資家は、過去に6回もデフォルトした破綻国家の行く末を心配する気配は毛頭ない。「何しろ27.5億ドルの100年債の発行に対し97.5億ドルの申し込みがあったのだ」(英FT紙)。・・・


これは意外だなぁ。ブラ尻、個人的に1980年代後半~90年代前半のアルゼンチン通貨危機の時に、同国を訪れていて、その混乱ぶりには驚かされた記憶があります。なんせ「スーパー・ハイパーインフレ」の真っ只中で、現地(ブエノスアイレス)のマクドナルドのハンバーガーのセットが日本円で10円以下で食べることができたんですから・・・。

上記のように、そんなデフォルト的なことが6回も起きているアルゼンチン国債に世界マネーが殺到している??? 

世界的な超低金利時代の「利回り狩り」現象??


だったら、どうして高金利が魅力のブラジルにお金があつまらないんだろう??

あっ、お隣まで世界マネーが近づいてるから、あとちょっとで次は「ブラジル投資ブーム」再来でしょうか!?


そういう期待ばかりが先行して、いつも裏切られてるんだよなぁ、ブラジル君には・・・。 (大号泣)





ブラジル投資で「ワールドカップ行き資金」を、どのように稼いだのか!?
その実録を公開しています。有料になりますが、よろしければご覧になってください。

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!?ーその①-

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!? -その②-


よろしくお願いします。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ