ブラジル・マーケットに回復の兆し!?

いやぁー、暑いですねぇ。日本国内では40度を超えるエリアの可能性も・・ってことですが。

みなさん、体調管理には気をつけてくださいね。って、現在、足首の故障で歩行困難なブラ尻が言える立場ではないのですが・・(恥)。早く足を直して、ビーチやプールにでも行きたいところです。

さて、こちらはブラ尻の足よりも先に回復の兆しでしょうか!?

昨夜(9日)のブラジル株式市場では指標のボベスパ指数が上昇。

前日比1.9%高の49874.90で今週の取引を終了しました。

ブラジル最大の貿易相手国である中国の工業生産が予想を上回る伸びとなったのを受け、輸出業者の見通しが改善したようです。今まで爆下げしていた資源関連株が反発しはじめましたね。いいことです(喜)。

今週は、日経やNYダウが下降トレンドだったのに、ブラジルくんは珍しく頑張ってくれましたね(驚)。

20130809
ボべスパのチャートを見ても、なんとなーく最悪期を脱したような気はするのですが・・。またまた考えが甘いかな。今年は、同じようなこと書いて何回も裏切られてますので、まだまだ信用はできませんけどね(悲)。


また、通貨のブラジルレアルは、1USD≒2.2693BRL。日本円に対しては、1BRL≒42.40JPYで今週の取引を終了しています。こちらもまだまだ激安モードだなぁ。

さて、久しぶりにルセフ大統領が現在のブラジル経済の状況に関して、コメントをしています。

デモ騒動以来、支持率が大幅に低下したこともあってか、最近は引きこもりがちでしたからね。

 ブラジルのルセフ大統領は9日、同国のインフレは抑制されており、雇用と賃金を伸ばすよう努めるものの物価を抑え続ける姿勢を改めて示した。 
 7月の物価統計を引き合いにルセフ大統領は「インフレの低下と制御を示している。インフレ制御をわれわれはあきらめない」と語った。
 ブラジル国家統計局(IBGE)が7日に発表した7月の拡大消費者物価指数(IPCA)は前月比0.03%の上昇で、6月の0.26%から伸びが減速した。7月末時点における前年同月比の伸びは6.27%で、6月末の6.7%を下回った。  ルセフ大統領は、政府としてはインフレの制御と同時に、雇用の創造と国民生活の改善にも取り組んでいると主張した。 「連邦政府や州政府、各自治体政府はみな、この国を中間層の国に変えるよう注力している」と述べた。


インフレ抑制に加えて、「ブラジルを中間層の国」へって、なーんか高度成長期の日本のような感じじゃないっすか。

ってことは、ブラジル・マーケットもまだまだ伸びる可能性が大、大、大・・ってことなんだろうなぁ。

期待してますよ!


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ