ブラジル投資とNISA(少額投資非課税制度)

アメリカ財政協議の行き詰まりが世界経済の成長を減速させる!? そんな懸念が投資家たちのリスク回避を促進しているようなムードです。本当にこまったなぁ、オバマさん!

で、昨夜(7日)のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が下落。

前週末比0.8%安の52417.10で終了。

通貨のブラジルレアルは、現在1USD≒2.2128BRL。日本円に対しては、1BRL≒43.72JPYで推移しています。

1レアル45円台回復どころか、円高トレンドで43円台に下落しちゃいました(泣)。


困ったと言えば、現在「NISA」で話題となっているように、現在の上場株式等の譲渡益・配当等に対する10%の税率は延長されず、2014年からは税率が20%に引き上げられます。

これが復興所得税も加わると、10.147%が20.315%に引き上げられちゃうのです(大号泣)。

これは大変です。ただでさえ減っている配当金に、今までの2倍の税金も引かれちゃうってことだから、もう踏んだり蹴ったりってところでしょうか(痛っ)。

「NISA」はあくまでも少額投資非課税制度ですから、「少額」しか適用されません。ちなみにこんな感じ↓

2014年の1月から、「毎年100万円まで」の非課税投資枠が設定され、投資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。(現在は10.147%ですが、2014年からは通常20.315%の税金がかかることになっています)。

で、メイン口座の「楽天証券」に問い合わせてみたところ、結局現在ホールドしているブラジル株&投信に関しては、「NISA」は適用されず、あくまでも2014年以降に新しく買い付けした株&投信に適用されるらしい。

で、例えば現在600万円相当のブラジル株or投信を保有した人が、2014年以降に1度売却して、もう一度同じものを買い付けた時、600万円分一回で買うとNISAの対象にはならず、100万円と500万円の2回に分けて買えば、100万円分の方は非課税になるってことらしい。

うーん、これじゃぁねぇ・・。非課税分より、売買した際の手数料が高くなっちゃう可能性も(泣)。

「楽天証券」では手数料のかからない「ノーロード投信」なんてのもありますが、ブラジル関連では、あまりおススメできるようなものがありません。

まぁ、「NISA」に関しては、ちょっと勉強不足なので、詳しい方はアドバイスしていただければ幸いです。


ということで、「NISA」なんかにだまされず、株式売買利益&配当金の税率が10→20%になることが大問題だってことを、投資家の皆さんは声を大にして叫ばなくちゃいけません(怒)!

消費税も上がり、所得税も2倍に。

これは本当に大変な事態になりますね、2014年以降の日本って・・。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ