成長するブラジルは先生も元気いっぱい!?

「アメリカの政治家が予算と債務上限引き上げについて合意できない中では、投資家はブラジル株などリスクの高い資産を敬遠している」

多くの経済アナリストが同じような見解を持っているようですね。うーん、本当に困りましたよ、アメリカさん!

てことで、昨夜(8日)のブラジル株式市場でも、指標のボベスパ指数が続落。

前日比0.2%安の52312.44で終了しています。

通貨のブラジルレアルは、現在1USD≒2.2062BRL。日本円に対しては、1BRL≒44.11JPYで推移しています。

アメリカ議会がこう着状態のままでは、ブラジル・マーケットも低迷モードが続きそうです(悲)。


さて、このブログの更新をしている間にも、小学1年生のMY長男の担任の先生から、「最近、小学校付近で不審者が出没しているようです。○○くんも、登下校の際には十分お気を付けください」なんてお電話が・・・。

うーん、夜8時になるというのに学校に残ってるのかぁ。しかも、こんな電話をクラスの生徒保護者全員にかけてるのかなぁ。本当に教師たち、そして学校のナーバスさには驚かされちゃうことが多いです。

まぁ、現在の日本の教育現場に関する不平不満を書きはじめたら、ワールドカップが始まっちゃうぐらいいっぱいあるので、この辺でストップしますが、これも「少子高齢化」の悪影響で、教育現場の人間が子供やその保護者に対して、弱くなり過ぎちゃってるんですよねぇ。子供の数が減り、教室も空室が増え始めてるので、教師たちも余っちゃうわけだから、こういうことになるんだろうなぁ。

それに比べて、成長するブラジルは先生たちも前向きで、元気いっぱいのようです。

ブラジル・リオデジャネイロで7日夜、政府に待遇改善を求める教員らの抗議デモがあり、過激化した一部の参加者が市庁舎などに放火、警官隊と衝突し、警官隊は催涙弾で応酬した。デモ主催者側は約5万人が参加したとしている。

おやおや、ちょっとこれはやり過ぎかもしれませんが、「自分の給料を上げるぞぉー!」ってポジティブな姿勢は、きっと生徒たちのハートも前向きにしてくれることでしょう。

それに比べて、「危ないから禁止!」だらけの日本の教育環境じゃぁ、子供たちをどんどん窮屈な状況に追い込んじゃってるような気がして、本当に嫌気がさします(怒)。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ