「楽天証券」もブラジルに対してネガティブ!?

欧州CL準決勝、レアル・マドリードがバイエルン・ミュンヘンに先勝しました。

このカード、実は2001年に同じくマドリッドで対戦がありました。ブラ尻も現地まで観に行っちゃったんだよなぁ。懐かしい。当時のバイエルンのGKは、2002日韓W杯のMVP、オリバー・カーン。

あの時はアウエィのバイエルンが買って、サンチャゴ・ベルナベウが静まり返ったのを覚えています。GWだったのに雪も降ったんだよなぁ。

マドリードに行く前に、セヴィーリャで日本vsスペインのフレンドリーマッチもあったんですよ。

たぶん、それ以降「日本vsスペイン」のAマッチはないんじゃないかなぁ。

今回のブラジルW杯で実現すれば面白い。なんたってスペインは現在FIFAランキング1位の国ですから・・。


さて、昨夜(23日)のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が続落。前日比0.8%安の51569.69で終了。

ブラジル最大の貿易相手国である中国の製造業活動の縮小が依然続いていることが指標で示され、商品関連株が売られたようです。またまた「ヴァーレ」が下落しましたね。困ったなぁ(泣)。

通貨のブラジルレアルは、現在1USD≒ 2.2287BRL。日本円に対しては、1BRL≒45.89JPYで推移しています。

相変わらずブラジル市場の低迷は続いてます。

そして、わたしがメインで使っている「楽天証券」でもブラジル投資に関するネガティブなレポートが・・↓

ブラジル大統領選挙と株式市場
ブラジルの株式市場は大統領選挙がある年は5月から10月にかけて冴えない展開になるというジンクスがあります。これは選挙を前に候補者のスキャンダルの暴き合いが起こるのが常だからです。

「不振極まるブラジル経済」、「現状ではブラジル株は買い材料に乏しい」と結論づけてますが、果たしてそうでしょうか??

この経済評論家さんは大事なことを忘れてますよ。2014年はブラジルW杯イヤーだってことを・・。

「W杯開催国の株も通貨も上がる!」って歴史の方が大事なんじゃないですかねぇ。

それに、今が激安だからこそ、ブラジルに投資するチャンスなんじゃないのかなぁ!?

こんなネガティブなレポートを出すなんて、このブログの読者のみなさんも「楽天証券」にはがっかりさせられたことでしょう。

相変わらず手数料も高いし、他の証券会社に乗り換えようかなぁ。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ