ブラジル中銀、政策金利を4年ぶりに引き下げ14%に

ブラジルの金融政策が転換期を迎えました。「日経新聞」より↓

ブラジル中銀が4年ぶり利下げ インフレ鈍化

ブラジル中央銀行は19日開いた通貨政策委員会で、政策金利である基準金利を0.25%引き下げ年14%にすると決めた。利下げは2012年10月以来、4年ぶり。自国通貨レアルの上昇などでインフレ圧力が弱まってきたことを受け、マイナス成長が続く経済の下支えを優先する。・・・・・



ってことで、しばらくは政策金利を引き下げそうですね。常識で考えても「14%」って金利はまだまだ高すぎる。

予想では、来年までで「11%」ぐらいまでさげるってことですが、それでも先進国と比較すれば圧倒的な高金利。

通貨のレアルさえ安定してくれれば、魅力的な投資先であることは間違えありません。

で、レートですが、1USD≒3.1563BRL。日本円に対しては、1BRL≒32.9002JPYで今週の取引を終了しています。

USドルに対しては、かなり反発して来た感がありますね。FX取引でロスカットさえ食らってなければなぁ・・・。(号泣)

まぁ、1ドル≒2.4レアル以下にはならない! と信じきっていただけに仕方のない結果だったのかもしれませんが、それにしても今考えると痛かったなぁ。

BRLJPYの方は、まだ投信もFXもホールドしたままですので、今後のレアルの反発、そして円安にも期待したいです。

高金利をいただき続けながら、ね。


そして、ブラジル株のほうですが、こちらはかなりいいムードになっているような気もするのですが・・・。

昨夜(21日)のブラジル株式市場、指標のボベスパ指数も前日比0.4%高の64108.08で今週の取引を終了。

週間ベースでは3.8%アップで3週連続の上昇となりました。


が、しかし、まだまだブラジル経済は低迷しており、インフレも高止まりしていることに変わりはありません。

マーケットの方も、油断は禁物です。


ただ自国開催のリオ五輪で、サッカー代表が金メダルを勝ち取ってから、なんとなーく国内外のムードが変わったような気はしてます。

そういえば、2018ロシアW杯南米予選でも、オリンピック後のセレソンが4連勝。6位から一気にトップに立ってますもんね。

サッカーもそうですが、経済的にも潜在能力は世界でも有数のブラジル。

「21世紀の大国」が本領を発揮するのは、まだまだこれからなのかもしれません。




ブラジル投資で「ワールドカップ行き資金」を、どのように稼いだのか!?
その実録を公開しています。有料になりますが、よろしければご覧になってください。

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!?ーその①-

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!? -その②-


よろしくお願いします。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ