絶対に負けられない戦い、いや、絶対に勝たなければならない戦い!

リオ五輪後、なんとなくムードがよくなってきたブラジル・マーケットですが、今週はボロボロでした。(号泣)

株式市場のボベスパ指数の終値は61750.17。一時は65000台を回復していたのに、急落しちゃいました。

通貨のブラジルレアルも、1USD≒3.2333BRL。日本円に対しては、1BRL≒31.88JPYで今週の取引を終了しています。

トランプ当選リスク? ちょっとした調整? それにしても、ブラジル株&通貨ともに、ダウンするときは急落するよなぁ。(困)


さて、ブラジル投資で「絶対に勝たなければ」、2018ロシアW杯にいくことができない経済状況のブラ尻ですが、(恥)

サッカー日本代表も、ロシアW杯に向けて「大一番」を迎えます。

「勝ち点6(がかかる)くらいの気持ちでやらないといけない」とハリル監督も語ったワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦(15日・埼玉スタジアム)

「絶対に負けられない」じゃなくて、「絶対に勝たなければならない戦い」です。

が、メンバーを見ると、相変わらずだなぁって感じで、やっぱり新しいスターがなかなかでてきません。


なぜ? それはヨーロッパの強国とは違って、「移民」選手が入ってこないからなのでは? 相変わらず「純国産」のチームだからです。

1998年のフランスW杯以降、「日本人のフィジカルは世界で通用しない」とわかっているはずです。

だったら、「フィジカルの強い選手を日本人にする」ってことを実行すればいいのです。

陸上のケンブリッジ飛鳥とかサニブラウンのように、圧倒的にポテンシャルの違う日本人はハーフの人が多いと思います。

フィジカルで世界に劣る「純国産」の日本人が、「努力と根性」だけで世界と戦うのは限界があります。

かつての中田英寿や、現在の本田、長友のように、鍛え上げて世界と戦っている日本人選手もいるのは誇らしいことですが、もう時代は変わっていると思います。


忘れもしない、2014ブラジルW杯のコートジボワール戦。あのドログバが登場しただけで試合のムードが一変。

後ろから適当に蹴ったどんなボールでも、ドログバのフィジカルで日本のDFをぶっ飛ばして、すべてがナイスパスになっていく光景を目の当たりにしました。

結局、この試合で日本は逆転負け。本大会もグループリーグ敗退で終わりました。

今回のロシアW杯予選でも、世界ではなく中東勢に対しても、フィジカルでは劣ってる感のある日本代表。これでは困ります。


フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ・・・といったヨーロッパのサッカー強国は、すでに「純国産」ではなく、「移民」選手も交じり合ったチームとして、世界のトップを走り続けています。

もともとレベルの高かった国が、「移民」選手も加えてさらにパワーアップしたチームになっていく。

それに比べて、わが日本代表は相変わらず「純国産」のチーム。これでは、世界との差が開くどころか、アジアでさえ勝ち抜けないチームになってしまうのも自然の成り行きなのかもしれません。

ラグビー日本代表選手を見てみると、「この人、日本人?」って選手が多かったような気がします。でも、これでいいんです。

サッカー協会も、少し基準を緩和して、「移民」選手をもっと日本代表に入れるべきです。

彼らはフィジカルも強いがメンタルも強く、考え方も違うと思います。そういった選手が今後のサッカー日本代表には絶対に必要です。

「日本の良さは、技術力や組織力」ってこともありますが、それは世界のトップレベルで通用する力ではありません。

「個を高める」なんてのんきなことをいうのではなく、「すでにポテンシャルの高い外国人を日本人にする」、ことが急務だと思います。


まぁ、「移民」のことに関しては、国の政策が大きく関わってくるので難しいですが、すでに「少子高齢化」で末期症状のはじまっている日本社会にとっても、メンタルを変えていくという意味で「移民を認める」ことはいいことだと思います。



今回は、熱くなって長文になってしまい申し訳ありませんでした。

それだけ、サッカー日本代表には期待しているし、今度のサウジ戦には絶対勝って欲しいという強い気持ちがあるんです。






ブラジル投資で「ワールドカップ行き資金」を、どのように稼いだのか!?
その実録を公開しています。有料になりますが、よろしければご覧になってください。

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!?ーその①-

実録 ブラジル投資でいくら稼いだの!? -その②-


よろしくお願いします。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ