2014W杯決勝会場でストライキ

 サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)の決勝会場となるブラジル・リオデジャネイロのマラカナン競技場で18日、改修工事に携わる作業員が賃上げなどを求めて24時間のストライキを実施した。労働組合は「要求が認められなければ本格的なストを行う」と強硬姿勢を示しており、大会関係者は頭を抱えている。1950年大会でもメーン会場となったマラカナン競技場は老朽化のため、10年8月に改修工事を開始。今年6月のコンフェデレーションズ杯の会場にもなるため、24時間態勢で改修を進めている。当初は12年末に終了する予定だったが、2月に入っても工事は続いている。

 国際サッカー連盟(FIFA)のバルク事務総長は「4月15日までには全ての工事が終わらないと困る」と懸念を表明。これ以上の遅れは許されないと警告している。

 W杯のプレ大会となるコンフェデ杯まで4カ月を切ったが、会場となるスタジアム6カ所のうち、これまでに工事が終了したのはわずか2カ所にとどまっている。


おやおや、これは困りましたねぇ。サッカー・ファン、憧れの地、マラカナン・スタジアム。

ブラ尻も去年の今ごろ、様子を見に行ってきましたが・・。

2012 brasil 127

これは、サッカーの王様・ペレの足形です。このように、サッカーファンにはたまらない歴史がいっぱいの博物館もある立派なスタジアム。歴史を残しながらも、新しくなるっていうことだから、とっても楽しみです。

で、そんなマラカナンでストライキですかぁ。経済成長を続けるブラジルらしいお話ですね。

インフレが進んでるんだから、自分の収入もあげなければ・・、当たり前の主張だと思います。

こういうパワーがある限り、まだまだブラジル経済は成長しますよ!!


一方、「アベノミクス」でインフレになるであろう、日本の労働者も「賃上げ要求」をしているのかな?

高度経済成長期には、ストなんて当たり前で、いつも電車や飛行機なんかはストップしてました。労働者も強かったぁ。

だから、日本国内の会社員のみなさんは、「いつ自分の給料は上がるの?」なんて何にもしないで待ってるだけじゃダメじゃないの・・と思うのですが。どうも、そういう活力が日本の労働者に感じられない。

すべてあきらめきってるっていうか。これじゃぁ、ダメでしょ。

ブラジルの労働者を見習って、「自分の収入は自分で上げる」努力&主張をしていかないと「アベノミクス」も成功しないんじゃないかなぁ。

あっ、このブログの読者さんは、会社になんか頼らず、ブラジル投資で自分の収入を上げようと努力してる人が多いのでしょうから、それはそれでいいのかもしれませんね。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ