ブラジル、4月も苦しいスタート(泣)

第2クォーターのブラジル・マーケットも厳しいスタートとなりました(悲)。

昨夜(4月1日)のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数が4営業日ぶりに下落。

前週末比0.8%安の55902.18で終了。

通貨のブラジルレアルも現在2.0229BRL。日本円に対しては、1BRL≒46.02JPYと大幅に円高レアル安が進んでいます。

4月のブラジル・マーケット、期待していただけに残念なスタートです。


まだまだこの低迷状態が続くのかなぁ? 昨日の「ブルームバーグ」にもこんな心配な記事が載っていました。

ブラジル株、早期回復は見込み薄か-企業業績は失望続き

ブラジル株は1995年以来最悪のスタートを切ったが、企業業績が振るわない中で相場回復を見込むのは難しそうだ。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、ブラジルの主要株価指数であるボベスパ指数を構成する64社のうち、昨年10-12月(第4四半期)に利益がアナリスト予想 を下回ったのは42社に上る。指数構成企業の半数超が利益予想に届かなかったのは5四半期連続と、2007年以降で最長となった。これに対し、米S&P500種株価指数 の構成企業の71%が昨年10-12月に予想を上回る利益を計上した。

ブルームバーグのデータによると、ボベスパ構成企業の純利益の合計額は、12年10-12月に前年同期比61%減少。一方で売上高は同7.1%増加した。

ハンスバーガー・グローバル・インベスターズのポートフォリオマネジャー、アンドレス・カルデロン氏は電話取材に対し、経済成長が09年以来の低い伸びにとどまる中でインフレが加速していることから、企業は増収を増益に結び付けることが困難になっていると指摘した。

ボベスパ指数は1月3日に付けた今年の高値から11%下落している。



年初から指摘されている、「景気回復が遅れているのに、インフレが加速している」という大きな問題が、ブラジル・マーケットを「独り負け」状態にしている大きな原因なのですが・・。

これを打開するには、まずインフレ懸念を払しょくすることなんだろうなぁ。

ってことは、次回(4月16-17日)のブラジル中銀の金融政策決定会合で、政策金利を引き上げるべきじゃないのかなぁ・・って個人的には思うのですが。

ここまで続いている悪い流れを断ち切るには、そのぐらい思い切ったことをしないと。

そして、ブラジル政府&中銀は、そういう素早い行動ができるところだと信じています。

ブラジル商品をお持ちの方は、もう少し我慢が必要かもしれません。


にほんブログ村 株ブログ ブラジル株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
みなさまのおかげで、2014ブラジルW杯に行くことができました。 引き続き、サッカー日本代表と共に、ロシアW杯を目指します。

ブラ尻

Author:ブラ尻

最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
キャンペーン
投資信託|セゾン投信  
リンク
DMM FX
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしくお願いします
人気ブログランキングへ